バイバイ - Jam9の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Jam9
公式サイト
バイバイ  ♪  Jam9
作詞 : Jam9
作曲 : Jam9

退屈な街の日が暮れて行く 変わらず今日もおかえりの声がする
春が来たら1人で生きて行く
決めたハズなのに こんなに怖いんだね

部屋の契約も1人じゃ出来ずに頼ってさ
今更弱気になってしまう自分に負けないとアナタに約束をした

サヨナラ ボクの弱さ 甘え続けたアナタの暖かさ
その優しさから旅立つと決めた
サヨナラ いつか強くなった姿で必ず戻るから
見慣れた街が涙で滲んで行く「また逢おうね バイバイ」

何かを失って 何かを手にして
とにかく身勝手でまだ幼くて
こんなに出来の悪い息子なのに
信じてくれたアナタに背を向けました
いつでも笑って 隠れて泣いて
時には叱って家から追い出して
結局泣きベソかいて謝って
冷えた体その手に包まれました

荷物を詰めた段ボール 片付いた部屋で見つけた
子供の頃の誕生日の写真 涙が止まらなかった

サヨナラ ボクの弱さ 甘え続けたアナタの暖かさ
その優しさから旅立つと決めた
サヨナラ いつか強くなった姿で必ず戻るから
見慣れた街が涙で滲んで行く「また逢おうね バイバイ」

本当は気になって言葉に詰まって
何度も振り返った家の前で
アナタはずっと手を振ってた
「離れたって家族だよ」

サヨナラ ボクの弱さ 甘え続けたアナタの暖かさ
その優しさから旅立つと決めた
サヨナラ いつか強くなった姿で必ず戻るから
見慣れた街が涙で滲んで行く「また逢おうね バイバイ」


ミニ情報
アルバム「SKETCH」収録曲
Jam9の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
バイバイ/Jam9の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ