無色透明 - LiSAの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

LiSA
公式サイト
無色透明  ♪  LiSA
作詞 : LiSA
作曲 : カノン

時計の針が 始まりを 知らせる 一足先に
足早な街 見下ろして コーヒーにミルク一つ

あっという間に変わっていく カップの中や この街で
僕はどれだけ 人の記憶に生きていられるのだろう

きっと 臆病な僕の 言い訳達が
黒を染めて行く ミルクみたいに
望んでいたはずの 未来を滲ませて
いつの間にか なにも見えなくなってく
夢も、期待も、不安とかも、全部
詰め込んだリュック持って 飛び乗った
電車の窓から あの日見た星達に
誓ったこと 鮮明に今 思い出したんだ

祭りみたいな 人ごみが 心までさらって行く
続く先には 望む場所ないこと わかってるのに

時の流れのせいと 振る舞うことは出来るけど
僕はいつになったら 記憶を笑う事が出来るだろう

きっと 臆病な僕の 言い訳達が
黒も染めて行く ミルクみたいに
弱っていたはずの 心を誤魔化して
いつになっても ここから先に進めない
希望も、余裕も、安らげる場所も
どこを探しても 全然 見つからない
それでも少しずつ 叶ってく願いが 嬉しくてたまらなかった

鈍っていた感覚も 忘れかけたときめきも
眠っていた衝動も 目を覚まして 取り戻しに行こう

本当に大切なものは ずっと
全部消えたりなんかしないから
手の中に残る 温もり確かめて 今ここで 感じるままに
夢も、期待も、不安とかも、全部
詰め込んだリュック持って 走り出した
電車の窓から 浮かぶ 星達に
願い込めた あの日のように ここからはじめよう

時計の針が 始まりを 知らせる 一足先に


ミニ情報
アルバム「Letters to U」収録曲
LiSAの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
無色透明/LiSAの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ