わすれもの - 羽多野渉の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

羽多野渉
公式サイト
わすれもの  ♪  羽多野渉
作詞 : ARCHITECT
作曲 : ARCHITECT

思い出すのは 夏が終わるころ
君がいた街 君といた時間
ねえ 六時のサイレンが遮ったあの日
何を言いかけたの

笑ってほしくて僕は
別れの朝さえ 「またね」なんて濁して
一人の帰り道で 「好きだよ」
遅すぎたなって 陽射しの中で泣いてた

あれから月日が過ぎて 遠い遠いこの街で
大人になって たくさん色褪せて
奇跡がもし本当にあるなら
多分それは今 君とすれ違った夏の日

風がなびかせた 君の姿は
記憶よりもずっと大人びていて
それでも変わらなく優しい瞳が
僕をちゃんと見つけてくれた

何故だろう 分かっていたんだ
あの日の続きは もう叶わないこと
僕等の遠い遠い日の わすれもの
君に一つだけ 言いそびれた事 あるんだ

ずっとずっと好きでした なんて
遅すぎた言葉は もういいんだ

「君の幸せを願ってる 出逢えてよかったよ」
六時のサイレンを強くかきわけて
奇跡がもし本当にあるなら
多分それは今 僕が初めて見る
君の涙だ


羽多野渉の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
わすれもの/羽多野渉の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ