510 tacica 歌詞

歌詞ナビ

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

tacica
公式サイト
510  ♪  tacica
作詞 : 猪狩翔一
作曲 : 猪狩翔一

何故?を飲み込む雨に打たれる度に弱い私
悲しい嘘を吐いて 誰も知らない場所を泳ぐ
光を待っている限り 疑える時も笑う私
鏡で嘘を吐いて 誰も知らない場所を泳ぐ

それで濁った紅い血が君を睨んだ
私以外の誰のモノでもない体
誰かのモノの様に浮かんでいる

戻りたい日々
帰りたい場所
無事 守った過去
窓に綺麗に映したまんま
時々 泣くのは
きっと あの子が落としていった日を
時々 思い出すから

もしもし いつも 前方で
哀しみ達 群れを成して待ち構えている
もしもし だけど 後方に
ずっと古の感動だって手を繋いでいる

何故?を飲み込む雨に打たれる度に弱い私
悲しい嘘を吐いて 誰も知らない場所を泳ぐ

戻りたい日々
帰りたい場所
無事 守った過去
窓に綺麗に映したなら
時々 泣くのは
きっと あの子が落としていった日を
時々 思い出すから

雨に泣いたら
私らしさと
又 笑った日を
今も綺麗に残したまんま


tacica「510」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
tacicaの人気曲 この歌手の人気曲一覧

LEO♪丸い滑走路を 皆 飛べると信じ直走る
人鳥哀歌♪鳥に帰ろうとして 水の飛沫に見付けた僅かな地図
HALO♪空想が花束をくれる 頑丈な哀しみの下に
GOAT♪命を主燃料に キミを生きて行く
NWM♪夢の中まで持ち込んだ×と道徳に沿って
群青♪遠くの方の僕達の家に足音鳴らす群青
烏兎♪自分でも自分じゃない様な朝を数えて
サイロ♪ここは最初の荒野 時々
咆哮の詩♪呆れる程 命の理由に見合わない心の枚数
蜜蜂の毛布♪あの別のコードが泣いた部屋

tacicaの新曲 この歌手の新曲一覧

mori♪1,2,3, sir 独り言が 左脳に木霊してる頃
諦める喉の隙間に新しい僕の声が吹く♪まだ何者でもない 丘の星空に僕宛の言葉
YELLOW♪最初に眼にした色 この世界の真裏に宿る色
群青♪遠くの方の僕達の家に足音鳴らす群青
youth♪断りなく 鳴り出す音が
回転盤♪灰や光に塗れて世の中の片隅で静かに針を落とした
夜明け前♪眼を逸らしたら互い違いの物語
Butterfly Lock♪ライオンの叫び声に 夜明けまで身を隠した
咆哮の詩♪呆れる程 命の理由に見合わない心の枚数
ヒカリトカゲ♪大勢の音 混ざり合って

スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着情報検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ