手品 - 吉澤嘉代子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

手品  ♪  吉澤嘉代子
作詞 : 吉澤嘉代子
作曲 : 吉澤嘉代子

このままふたりで逃げようかなんて
思ってもいないことをわざと言ったりする
そういうところが好きだったよ
あなたはわたしに夢を売る

すぐに手のうちを見せちゃうような 種明かしの恋がいいの
星が散って 花が咲いて あなたに誘われるまま
すぐに思いをうち明けるような 駆けひきなしの恋がいいの
雪が舞って 頬を染めて わたしは大人になった
うその魔法で 夢をみせて

ハートのジョーカー見透かされていたのね
わたしにはもう 切るカードがない
この恋もいつか消されるのかな
それとも最初からなかったのかな

いちどきりを捧げてみたかった
もうすぐ わたしの手品が終わるわ

すぐに手のうちを見せちゃうような 種明かしの恋がいいの
星が砕けて 花が枯れて あなたに魅せられるまま
すぐに思いをうち明けるような 駆けひきなしの恋がいいの
さぐりあって だましあって わたしは大人になった
うその魔法で 夢をみせて

うその魔法で 消してあげる


ミニ情報
アルバム「東京絶景」収録曲
吉澤嘉代子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
手品/吉澤嘉代子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ