桜色の暗転幕 - 空想委員会の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

空想委員会
公式サイト
桜色の暗転幕  ♪  空想委員会
作詞 : 三浦隆一
作曲 : 三浦隆一

外は春の風 香った 別れの季節が迫った

マフラーなびいた残像が まだちらついている

消えてった君の白息 澄み切った冬の空へ
死ぬまで忘れるもんかと思った

いつか「思い出」と括られてセピアに変わることが
どうしても許せない

春は花びらに紛れて大事な何かを隠した

存在していた感情たちは だんだん風化 証明不可
上演中の脚本の様に もう戻せない

過ぎ去った時間の中でこのまま足掻いていても
「続き」は変わらないと悟った

きっと桜色の幕降りて 場面は切り替わった
新たな舞台に立つ


ミニ情報
アルバム「ダウトの行進」収録曲
空想委員会の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
桜色の暗転幕/空想委員会の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ