蜃気楼 - 鶴の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
蜃気楼  ♪ 
作詞 : ポンプ新
作曲 : ポンプ新

目的もないままにぶらぶらと街を歩き
朝の光が眩しくて目を閉じても伝わるよ
湿った空気の中 僕は乾いてる
はみだした感情が新しい僕をつくる

ハローハローと呼ぶ夏の声が聞こえるかい?
揺れる景色を見てた
どこまでも続く空をなぞって
悩んで 願ってみたのさ

離れたまんまなら僕を止めないで

灼熱の太陽が若い2人を照らし
ポケットに詰めた憂鬱もきれいに溶かしてくよ
君の揺れる髪がまた僕を惑わせて
ひと夏の恋だけど夢中に走らせるよ

ハローハローと呼ぶ君の声が聞こえるから
身体を投げ出してみたよ
きらきらと光る蜃気楼が
僕を笑って 誘っていたのさ

離れたまんまなら僕を止めないで

夢が醒めて明日が変わる


ミニ情報
アルバム「ソウルのゆくえ」収録曲
鶴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
蜃気楼/鶴の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ