忘れること - 鶴の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって


公式サイト
忘れること  ♪ 
作詞 : 秋野温
作曲 : 秋野温

絡み合う枝に見えても 伸びてゆくそれぞれに
思い出す あの人の影を追う
別れても好きな人 もう二度と会えない人
アルバムを抱えてみんな歩いていく

忘れる事しか出来ないものほど
忘れる事など出来ないから
繋いだこの手の温もりはそのまま
幾重の優しさに守られながら 明日を目指そう

暮れなずむ空の麓は 影絵のような街の灯
思い出す あの人の影を追う
顔も見たくない人 空高く召される人
やりきれない事 山のようにあるだろう

忘れたくないよ 悲しいものでも
それさえいつかは忘れるだろう
誰かの涙と流れ行くシューティングスター
さよなら 過ぎていく そんな日々に 別れ告げよう

忘れる事しか出来ないものほど
忘れる事など出来ないから
繋いだこの手の温もりはそのまま
幾重の優しさに守られながら 明日を目指そう
守られながら 明日を生きよう


ミニ情報
アルバム「ソウルのゆくえ」収録曲
鶴の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
忘れること/鶴の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ