あの頃、わたしたちは 片平里菜 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

片平里菜
公式サイト
あの頃、わたしたちは  ♪  片平里菜
作詞 : 片平里菜
作曲 : 片平里菜

誰かまた とりとめのない暴言を つぶれたシューズを 今日もはき捨てる
帰り道 伸びる影が 消えないうちに やっと自分の存在を確かめる

誰にも言うなよ いちいち言うなよ
好きでやってるわけじゃない

傷を悟られぬよう 虚栄心が顔を出す
居場所が欲しいだけの あの頃、わたしたちは

叩きつけてはねかえる 苛立ちが おさまるところに 今日もおさまっていく
いつも通り 群れたがり 臆病者は 咎めることも出来ずに 立ちこめる

誰にも言えない 痛みをおさえる
大人にはわかるわけない

排除されずにいるには 立ち回る顔を持つ
ひとりが怖いだけの あの頃、わたしたちは

チャイムが鳴る 不規則な足並み 階段を駆け上がる
好きで生きてるわけじゃない

傷を悟られぬよう 虚栄心が顔を出す
居場所が欲しいだけの あの頃、わたしたちは


ミニ情報
アルバム「最高の仕打ち」収録曲
片平里菜の新着歌詞を見る⇒
片平里菜の人気歌詞を見る⇒
片平里菜「あの頃、わたしたちは」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ