舟漕ぐ人 片平里菜 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

片平里菜
公式サイト
舟漕ぐ人  ♪  片平里菜
作詞 : 片平里菜
作曲 : 片平里菜

風よけを探しては
ほかの誰かになりたかった
でも気付いてた
本当はずっとあの頃の自分に戻りたかった

心の帆を張って
どんな風も受け入れて
舟を漕ぎ進めていく
波打つ明日へ

優しくなりたくて
ただ 水平線を横切る心細さに怯えて
抱きしめてほしくて
まだ 見えない岸辺に
待つ人が 待つ人がいるのだろう

悲しみが押し寄せた
切り捨てながら生きることは
減っていくだけの日々とは
少し違う気がしてた

心の地図広げて
赴くままたずねた
赦すことがまだ出来ない
ちっぽけな僕は

大きくなりたくて
ただ 水平線に航路は残らない
抱きしめられなくて
まだ 遠い岸辺に
待つ人が 待つ人が

波に揺らされて
迫る問いかけを投げ捨てて
うつろな月を映し出すほうへ
もう

強くはなれなくて
ただ 守るためならきっと海のようになれるよ
僕が見た景色を
まだ見えない岸辺に
待つ人が 待つ人が いるのだろう


ミニ情報
アルバム「最高の仕打ち」収録曲
片平里菜の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
片平里菜「舟漕ぐ人」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ