碧空の記憶 THE ALFEE 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

THE ALFEE
公式サイト
碧空の記憶  ♪  THE ALFEE
作詞 : 高見沢俊彦
作曲 : 高見沢俊彦

あの頃というダイアリー
ふと読み返してみれば
記憶の片隅
懐かしい夢の欠片が煌めく

時の魔法に操られ
偶然二人 出会ったね
キャンパスのカフェテラス
穏やかな午後 淡い恋の予感

坂の上のチャペル
ヴァレリーの詩集抱えて
微笑む君が何故か今
切ないほど愛しくて

未来は何にも見えなかった
青空だけが眩しかった

若葉の頃は過ぎ去って
街の景色も変わったけど
長いその髪 やさしい瞳
想い出はあの頃のまま

ギターをそっとつま弾く
あの日が甦る
突然風に吹かれたように
僕らは別れたよ

同じ痛みを感じながら
愛を言葉に出来なかった

未来は何にも見えなかった
青空だけが眩しかった

もう帰れない
あの光りの中へ

すべてがあまりに稚すぎて
傷つけ合うのが怖かった

青春の終わり告げる鐘
遠い春の陽差しの中で

未来は何も見えなかった
青空だけが眩しかった


ミニ情報
アルバム「三位一体」収録曲
THE ALFEEの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
THE ALFEE「碧空の記憶」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ