恋時雨 藤田麻衣子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

藤田麻衣子
公式サイト
恋時雨  ♪  藤田麻衣子
作詞 : 藤田麻衣子
作曲 : 藤田麻衣子

そんなつもりなかったのに本当は
予感してたかもしれない
あなたを好きになると

急に静かになり 手を伸ばすから
夕立のようにすべて乱す

動けない私の
後ろ髪とその指が絡む時
視界も心も奪われる

その声聞くたび その手に触れるたび
この人なんだと 心が言うの
音を立てる胸 激しさに呑まれて
あなたを知りたい 拒めるはずない

こんなに熱くなる自分がいると
知らないでいたの 少しも
あなたに出会うまでは

風が雲を運び 覆われた空
土埃が舞う匂いがする

足を踏み入れたら
途中までで引き返せるわけない
夜が明ける前に会いに来て

思い出すたびに 溜め息苦しくて
駆け巡るたびに 息もできない
降り出した雨が 次第に強くなる
窓を叩く風 あなただったなら

会いたくてたまらない気持ち抱え
どうして何も言えないの

その声聞くたび その手に触れるたび
この人なんだと 心が言うの
音を立てる胸 激しさに呑まれて
あなたを知りたい 拒めるはずない

あなたを知りたい 拒めるはずない


ミニ情報
恋愛ゲームアプリ「イケメン幕末◆運命の恋」主題歌
アルバム「恋愛小説」収録曲
藤田麻衣子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
藤田麻衣子「恋時雨」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ