最果ての海 - Ritaの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

最果ての海-Rita
Jword Rita
公式サイト
最果ての海  ♪  Rita
作詞 : 折倉俊則
作曲 : 折倉俊則

虚ろじゃない瞳は 届かない最果てをただ
無言で見つめている 触れてるはずの背中遠く

耳塞いだ手さえも その声は貫いてくるのに

同じ色彩の血は流れていないのかな
君が好きって言葉もわからないみたいだ

本当はほら 翼が生えているんでしょう 見えないだけで
鍵をかけられたまま まだ飛びたてない僕
憧れ 焦がれて それだけで終わりそう

悲しみと静寂の静止画でも綺麗だね
空気さえ繋がれない 今更空虚さに気付いて
多分僕の奥底にオーロラは無かったの
そうでしょう?

違う誰かがずっと そこから呼んでるんだ
こんな小さな傷で 君のこと縛れない

もうこれ以上は僕も 透明でなんていられないみたい
引き裂かれて それでもまだ感覚の海に浮かんでいたなら
連れて行ってよ

きっともうこれ以上は僕も 透明でなんていられないみたい
引き裂かれて それでもまだ感覚の海で

君を探すの

鍵をかけられたまま


ミニ情報
アルバム「星ノ雨III-Crossover-」収録曲
Ritaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Crossover
モノトーンの天体
君なら
アオイツキ
Parade
群青コネクト
Abnormal Subjectivity
Pure
少しは美しい明日
プリズムタイム
最果ての海/Ritaの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ