deadman cinema staff 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

cinema staff
公式サイト
deadman  ♪  cinema staff
作詞 : 三島想平
作曲 : cinema staff

動き出した夜の速度が僕を追い抜いて、あさっての方へ。
下を向く僕はつまづいた。靴紐がほどけ膝を擦りむいた。
傷口に砂を塗り込めば、びりびりと伝わる痛みが僕を刺す。

身体と心はばらばらだ。剥き出しのままでなんとか生きていた。
僕達は人である前に只の器に過ぎぬなんて誰が言った?

闇の中で笑ってるあいつは100ぺん蘇るのさ。
さらば神様。血が揺れて凍りつくまで。

気づかないふりをして奴らはまだ笑ってる。
色の無い目を開けて街に蔓延る。
青色の鳥はいつに鳴くのだろう?

闇の中で笑ってるあいつは100ぺん蘇るのさ。
さらば神様。血が揺れて凍りつくまで。
新しい火が燃えている。あいつはどうやら眠ったみたいだ。
さらば神よ。次の世でまた会う日まで。


cinema staffの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
cinema staff「deadman」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ