恋 城南海 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

城南海
公式サイト
 ♪  城南海
作詞 : 相馬健太
作曲 : 相馬健太

頬を伝う涙の色 隠しながら言った
「ごめんね」と「さよなら」は 未だ思い出にできず

雪の降らない街に咲いたイルミネーション
手を繋ぎ見ていたあなたの横顔 気付けばほら探している
また…

会いたい気持ちだけが 冬の空に溶けてゆく
腕に残るあの温もりも 北風が連れ去ったまま
溢れる想いが今 心を埋め尽くしても
戻れない…それが「恋」というなら今はただ、歌うから
息も白く染まる夜

時を越えた手紙の中 変わらぬ距離
共に見た「夢」と「約束」は未だこの胸にいます

賑わう街の人混み 誰の事も知らない
一片の人に出逢えた奇跡を 今さら知る時は彼方
あぁ…

愛しい気持ちだけが 二人の未来に変わる
信じていた絆もやがて 季節を変えて行くのでしょうか?
流れる人生(とき)の中で あなたにまた出逢えたら
離さない…それが「運命」ならば今はただ、歌うだけ

会いたい気持ちだけが 冬の空に溶けてゆく
腕に残るあの温もりも 北風が連れ去ったまま
溢れる想いが今 心を埋め尽くしても
戻れない…それが「恋」というなら今はただ、歌うから
切なささえ抱きしめて
あなたにだけ届くように…


ミニ情報
アルバム「尊々加那志〜トウトガナシ〜」収録曲
城南海の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
城南海「恋」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ