出鱈目 赤い公園 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

赤い公園
公式サイト
出鱈目  ♪  赤い公園
作詞 : 津野米咲
作曲 : 津野米咲

銀色からだに
真っ青な静脈が走る
凄い速さで
べとっと通り過ぎる

街灯隊は夜に備え
電線群は立て込んでるさ
区々窓は橙がこぼれ
でたらめ隠しだ

回送列車に乗ってくるはずの
気体の彼女を待つ
どちらかと言えば
可笑しい事などないだろう

四肢を折って肌をこすった
触れるものはどうも安いな
隔たり厚き鼓動とどかぬ
でたらめ隠しだ

消化器官が透けて見えるかい
液体も影をおとす
帰りなさいな
内の内までもうちょっと

回送列車に乗ってくるはずの
気体の彼女を待つ
どちらかと言えば
可笑しい事などないだろう


赤い公園の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
赤い公園「出鱈目」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ