4 LIFE - SPYAIRの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SPYAIR
公式サイト
4 LIFE  ♪  SPYAIR
作詞 : MOMIKEN
作曲 : UZ

眩しい真夜中の東京
気の知れた仲間だけで
俺らしか笑わないような
そんな話で盛り上がった

疲れた顔を引きずって
行けるまで行こうとした
いつだって笑っていられる
はずもないのに あいつだって

うまく言えない
ちゃんと聞こえない
そういうものにしていたんだ
見えないように
目を閉じながら
歩いていた いつからか

はじめて覚えた青の蒼さを
こんな夜は思い出すよ
何かに追われて忘れてたけど
思えば ひとりじゃない 4 LIFE

あの日の突然の雨
降らせたの あいつなんだろう
土砂降りの中で
何かを叫び 笑った クタクタで

うまくいかない
俺のせいじゃない
そうやって前を向いてたんだ
歯車のない
まわらない時計
飾りだけ 身につけて

あの頃、流した涙のワケを
なんとなくは覚えてるかい?
何かにおぼれて忘れてたけど
俺らはそんなもんさ 4 LIFE

そう過ぎていった
風はつかめない
だけど、それは
もう、どうでもいいからさ

はじめて覚えた青の蒼さを
こんな夜は思い出すよ
何かに追われて忘れてたけど
思えば ひとりじゃない

手にして 失くして 拾い集めて
こんな夜を繰り返して
壊しながら 誰もが歩いてる
俺らはそんなもんさ 4 LIFE


ミニ情報
アルバム「4」収録曲
SPYAIRの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
4 LIFE/SPYAIRの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ