センチメートル 7!! 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

センチメートル  ♪  7!!
作詞 : MICHIRU
作曲 : MICHIRU

変わりゆく世界 靴箱で眠るサンダル出して
季節は今日も足を緩めず過ぎていく
ごめんね 私また頼りない子供の頃のまま
君の目を 真っ直ぐ見られずにいた

言葉よりも確かで 呼吸するよりも近くて
そんな想いを伝えてみたいんだ
ためらう足が踏み出すタイミングをはかってる
季節の裏側で

またひとつ君が 何かを言おうとしてやめるから
私も準備してた答え言えないじゃない
向こうで呼んでいる友達の声に仕方なく
手を振って 「またね」と背中を向けた

いまさら君が好きなんて 言い出せない
そんな二人の距離がもどかしいよ
ため息こぼれないように 防波堤の上に立ったら
風が優しかった

このままずっと 季節見送るままで 君は平気なの?

言葉よりも確かで 呼吸するよりも近くて
そんな想いを伝えてみたいんだ
あともう一歩踏み出すタイミングをはかってる
季節に追いついて

ずっと一緒にいれるように 切なさ振りきれるように
ちゃんと君の目見て伝えるからね
ありったけの勇気抱えて 防波堤の上に立ったら
風が眩しかった


ミニ情報
「saku saku」10月度エンディングテーマ
アルバム「セツナエモーション」収録曲
7!!の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
7!!「センチメートル」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ