東京暮らし 奥華子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

奥華子
公式サイト
東京暮らし  ♪  奥華子
作詞 : 奥華子
作曲 : 奥華子

ただいまと言えば いつも誰かの お帰りの声が聞こえていた
夕飯みんなで食べてたこと たわいもない話で笑ってたこと

当たり前に思ってた日常がこんなにも
かけがえのないものだと 今なら分かるよ
東京の街で1人 自分の足音を 今日も精一杯響かせるから

この部屋の窓から見える空に
昨日よりも今日が 好きだと言えるように
西日が差すこの窓の向こうに
ふるさとが見える いつも私の心の中

やりたい事さえ 分からなくて 何でも後回しにしていた日々
1人じゃ何にも出来ないくせに 我が物顔して生きていたね

心配してくれる人がいてくれること
どれだけ温かいか 今なら分かるよ
東京の街で1人 自分の足で歩いて 明日への扉を探してくから

この街が夕暮れに染まるころ
流した涙も乾いて 笑えるように
ベランダから見える 都会の街
ふるさとに続く道はいつでも 心の中

ここから始まる 夢への一歩が
手にしたこの鍵 開く扉はただ一つ

この部屋の窓から見える空に
昨日よりも今日が 好きだと言えるように
西日が差すこの窓の向こうに
ふるさとが見える いつも私の心の中


ミニ情報
アルバム「プリズム」収録曲
奥華子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
奥華子「東京暮らし」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ