五月の魔法 Kalafina 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

Kalafina
公式サイト
五月の魔法  ♪  Kalafina
作詞 : 梶浦由記
作曲 : 梶浦由記

水色の夜明けは夢見てた
聞こえない波の音楽
しらじらと心の中にある
ほのあかるい蒼の音

花の名前を君に教えた
五月の魔法
恋をしていたね
手を差し伸べてくれたら
何処までも行けそうで

愛しているよと世界は歌う
こいびとの静かな声で
遠くで優しく君を呼ぶから
ひとりで空を駈けておいで

笹舟を浮かべて逃げ出した
懐かしい夏の音楽
ほんとうはもう少し先まで
隣にいる筈だったね

きらきら光る別れの朝に
明るい雨が二人を濡らして
信じることを覚えた
眼差しを照らし出す

愛という言葉を信じるために
光の在処を歌う
大切なものがこの胸にあるの
君が指差す空の向こう

夢の通い路
光らせておこう
羽ばたく小鳥の
寂しさを連れて

西へ行く木馬を呼び止めて
閉じた瞳にキスをひとつ
冷たい指のぬくもりを
窓辺で歌っていた

海を知らない子供が描いた
奇麗な水がほんとうの海
失くしたくないものなら
いつだってここにある

愛していたいと世界は歌う
いのちの鈴を揺らして
遠くで優しく君を呼ぶから
ひとりで夢を駈けておいで
蒼い心のまま


ミニ情報
アルバム「far on the water」収録曲
Kalafinaの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
Kalafina「五月の魔法」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ