アイニイキル 上北健 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アイニイキル  ♪  上北健
作詞 : 上北健
作曲 : 上北健

言葉は風に流れ流れて何処へ。
街は迷子に素知らぬ振りで応えて。
僕はと言えば滲む視界の片隅、
誰かを求めることすら出来ないんだ。

千切れ雲が赤く染まる17時は、
世界が消えて失くなる兆しの様で、
僕は心が充ちゆく音に溺れて、
束の間、独りだってことを忘れるんだ。

君は思い知ったって言う。ずっと一人なんだって泣く。
何も出来ない僕は一緒になんている資格もなくて、
君の言葉を風に溶かして、街に紛れるんだ。

夜は待っていた。回っていた。不条理な日々の終わり。
嘲笑っていた。解っていた。味方など何処にもいないさ。
僕は待っている。まだ、待っている。必要とされる世界を。

哀に生きる。

偽りの光に人は心惑い、足元広がる影から目を逸らして、
ばら撒かれた幸福を意とも容易く貪りながら、
ああ、不幸だって嘆いているんだ。

君は辛くはないって言う。全部頑張ったって泣く。
不意に強く吹いた南風が僕に届けた、君の涙と君の体温を、
精一杯抱き締めたんだ。

夜は待っていた。回っていた。不条理な日々の終わり。
嘲笑っていた。解っていた。味方など何処にもいないさ。
僕は待っている。まだ、待っている。必要とされる世界を。

哀に生きる。

夜は待っていた、
君が待っていた、
僕は待っている、必要とされる世界を。

哀に生きる。


ミニ情報
アルバム「SCOOP」収録曲
上北健の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
上北健「アイニイキル」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ