end roll fiction 凛として時雨 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

凛として時雨
公式サイト
end roll fiction  ♪  凛として時雨
作詞 : TK
作曲 : TK

君が求めてるもの少しだけ分かってきた
ファインダーを覗けば ほら少し笑ってるから
心に耳をあててまだ聞こえない鼓動に
不安が鳴り止まなくて サヨナラだけが残された

描きかけた自分のラストシーンが完成しないのは
殺せないもの 届かないもの 溢れ過ぎて 動けなくて
焦燥感の獣が大切な何かを惑わせて
殺せないのも 届かないのも 矛盾仕掛けの君のせいにした

叶えたって叶わないよ 叶えたって叶わないよ
悪魔の輝きが幻を映し出す
変われたって変われないよ 届いたって届かないよ
繰り返す偶然に また同じ夢を見る

気付けば6月の景色と風 攫わせて
ファインダーを覗けば終わりの無い end roll fiction

あの日書いた自分への脅迫さえ もう怖く無いのは
奪われれば 奪われるほど 弱さを知り 逃げているだけ

叶えたって叶わないよ 叶えたって叶わないよ
悪魔の輝きが幻を映し出す
変われたって変われないよ 届いたって届かないよ
繰り返す偶然に また同じ夢を見る

時計の針を巻き進めても 答えは見えなくて
時空に飛び乗って
遠くなっていく モザイクまみれの意図の迷宮には終わりを告げて
もっと遠くへ 見たことのない場所に残された
未来の視線を掻き集めて 失くさない様に
君に伝えて記憶の視線に焼き付けたんだ
景色と風に 君が笑った end roll fiction


ミニ情報
アルバム「es or s」収録曲
凛として時雨の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
凛として時雨「end roll fiction」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ