街色 KANA-BOON 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

KANA-BOON
公式サイト
街色  ♪  KANA-BOON
作詞 : 谷口鮪
作曲 : 谷口鮪

淡い淡い街色
錆びた信号機と、覗き込む顔と水溜まり
脆い砂の城、渇いた汗の跡
ぐるぐる回っているのさ

ほどけたスニーカーの紐と空き缶
擦りむいた膝と朝顔
鳴り響くチャイムと、日めくりカレンダー
今日が終わる時、考える

「今はどこだ?」

青い春の迷い鳥の様に羽ばたいたよ

僕らの軌道線上に明日はあるかい
僕らは軌道線上でぐるぐる回っている

ゆらゆら揺れてる名もない花でも
行く先が何処かぐらいは知っているだろう
何故だろう、僕は知らない
明日の居場所はどこだろう

淡い淡い街色
自販機の赤と、標識の青と、遮断機の黄色
塗り残されてる僕は何色

ぐるぐる回っているのさ

僕らの軌道線上に明日はあるかい
僕らは軌道線上でぐるぐる回っている


KANA-BOONの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
KANA-BOON「街色」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ