せんたくもの - 森恵の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

森恵
公式サイト
せんたくもの  ♪  森恵
作詞 : 松井五郎・森恵
作曲 : 森恵

帰る部屋は暗くて 足にからまるシャツの影
天気予報ばかり見て また一日が終わる

すぐに夜が明ければ 少し疲れたシャツを着る
ためいきの向こう側で 星屑が笑ってる

汗をかいて 時々泣いて
心まで汚れそうな 毎日だけど

でも わかってる そう わかってる
いつだって 信じているから
溜まってく せんたくものは
頑張っている そのしるしだよね

走る電車の窓は いつもおんなじ物語
うまく落ちてないシミが まだたくさんあるかな

並んで伸びる道に どこか似ているシャツの群れ
見上げれば青い空は とても近くあるのに

夢はいつか 突然 覚めて
ありふれてく人生に 慣れてしまうの

でも大丈夫 まだ大丈夫
いつだって 自分を励まし
洗ってる せんたくものは
前を見ている その証だよね

わかってる そう わかってる
転んでも また立ち上がって
守ってる 大事なものが
あなたにはある それは愛だよね


ミニ情報
アルバム「small world」収録曲
森恵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
せんたくもの/森恵の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ