星のいのち 霜月はるか 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

霜月はるか
公式サイト
星のいのち  ♪  霜月はるか
作詞 : 霜月はるか
作曲 : 光田康典

芽吹き出す樹々の緑は 鮮やかないのちの煌めき
澄んだ空気 胸に満ちて
濯(すす)がれる 僕らの小さな澱み

吹き抜ける風にこの身預けて
どこまでも 大地の果てまでも行こう

時に僕ら生きる為に 息を止め 心を殺して
矛盾ばかり抱え込むのは
辛いから もうそんな日々はやめよう

大空を自由に飛べる翼は
はじめからその背中に眠ってる

遠い原始の記憶たちが
僕の内(なか)に語りかける
この弛まぬ星のめぐり
生まれ還るいのち達へ


霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
霜月はるか「星のいのち」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ