Loop Breaker - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Loop Breaker-霜月はるか
Jword 霜月はるか
公式サイト
Loop Breaker  ♪  霜月はるか
作詞 : 霜月はるか
作曲 : 折戸伸治

廻る物語の向こう側へいつか キミと二人で──

朝焼けの空 凪の静寂(しじま)に
予感に満ちた胸が走り出す
いつもと違う遠回りの丘で
木陰に佇むキミを見た

どこか異質な空気を纏った
透き通るその瞳に引き込まれて

それが幾度目の出逢いか僕は知る由も無く
幸せにみえる時間をキミと過ごしていた
記憶の残滓が映すデジャヴに気付いた時
いつだって物語の最後は迫っている

茜の空を 拭う宵闇
予感に震え僕は走り出す
いつか出逢った遠回りの丘で
夕日(ひかり)に佇むキミが居た

全て悟ったように穏やかに
笑顔で何度「さよなら」告げるのだろう

廻る刻の輪からキミは一人取り残されて
繋いでいたはずの手から温もりが消えてく
誓いの言の葉も淡く 輪郭はぼやけて
“何か”を失った痛みだけが 僕に刺さる

決められた道筋(ルート) 箱庭の世界に
囚われた心の願う結末は?

廻る物語を正すキミはたった一人で
気付いた僕の記憶さえ変えてしまうのだろう
けれど降り積もる想いは簡単に消えない
何度だって僕はキミに出逢い いつかは 続く未来へ──


霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
光ノ軌跡
永遠の物語
恋風〜そのままの君でいて〜
物語を渡る鳥
CHAIN BLADE
結び音リボン
嵐を越えて
END GAZER
愛しさを抱いた花
こころ音セッション
Loop Breaker/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ