ジルフェの子 - 霜月はるかの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

霜月はるか
公式サイト
ジルフェの子  ♪  霜月はるか
作詞 : 霜月はるか
作曲 : 吉良知彦(ZABADAK)

錆びた扉の軋む音に 眠る年月(としつき)
触れた指から掠れてゆく 古い文字盤

時を忘れた場所で さざめく詩(うた)は

いつか誰かが擁いた 未来(あした)への祈り
色褪せ 象形(かたち)を無くすモノの記憶

吹き込む風が砂を攫い 晴れた視界に
鍵の壊れた小さな箱 そっと開いて

想いを仕舞う場所で 出逢った詩(うた)は

かつて貴方が生まれた 故郷の言葉
「風(ジルフェ)を愛する者に祝福を」
旅立つ我が子へ 手渡す飾りに
よく似た習いを 知っているよ

こころ山を谷を幾度越えて あて無き旅路
辿り着いた遺跡の街 遠い異国で
交わる風 還る場所は──

かつて私が生まれた 戻れぬ故郷
暖かい家は其処にはもう無い
象形(かたち)は消えても 響き合う魂(こころ)
誰かに手渡し 繋いでゆこう 永久に…


霜月はるかの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ジルフェの子/霜月はるかの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ