きよしの大江戸千両纏 - 氷川きよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

きよしの大江戸千両纏-氷川きよし
Jword 氷川きよし
公式サイト
きよしの大江戸千両纏  ♪  氷川きよし
作詞 : かず翼
作曲 : 桧原さとし

揃い半纏 火の粉を浴びて
一番纏に 命をかける
後にゃ退かない 心意気
お江戸の火消しは 任せなよ
俺らめ組の辰五郎 男でござる

どんな炎も 怖れはせぬが
恋の火種は どうして消せぬ
月もご存じ 勇み肌
情けが絡めば ついホロリ
俺らめ組の辰五郎 男でござる

意地と度胸は 伊達ではないぞ
半鐘響けば ただまっしぐら
尽くす世のため 人のため
お江戸の火消しは 任せなよ
俺らめ組の辰五郎 男でござる


ミニ情報
アルバム「新・演歌名曲コレクション さすらい慕情 」収録曲
氷川きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
博多祇園山笠
きよしのねずみ小僧
初恋のポルカ
きよしのスイスイマドロスさん
恋の瀬戸内
女の合鍵
風の男
なみだ船
釜山港へ帰れ
河内おとこ節
きよしの大江戸千両纏/氷川きよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ