沓掛時次郎 - 氷川きよしの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

氷川きよし
公式サイト
沓掛時次郎  ♪  氷川きよし
作詞 : 佐伯孝夫
作曲 : 吉田正

すねてなったか 性分なのか
旅から旅へと 渡り鳥
浅間三筋の 煙の下にゃ
生れ故郷も あるっていうに
男 沓掛時次郎

女知らずが 女の世話を
その上 坊やの手をひけば
すまぬ すまぬと いう眼が辛い
旅だ旅だよ 許してくんな
これがおいらの せい一杯

男意地づく 生命をかけて
キリリと結んだ 三度笠
義理はすんだが 泣かずに来たが
またも今日から 行先ゃ知れぬ
旅の合羽を 風が吹く


ミニ情報
アルバム「新・演歌名曲コレクション さすらい慕情 」収録曲
氷川きよしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
沓掛時次郎/氷川きよしの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ