花火 たんこぶちん 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

花火  ♪  たんこぶちん
作詞 : 吉田円佳・大久保友裕
作曲 : 大久保友裕

君は夏の記憶を 誰と横切るの
最後の花火が上がる

誰にもバレないようにそっと抜け出そう
夏はもう 出口まで来ているよ
はぐれそうだから ギュッと肩につかまって
「夜はもう涼しいね」なんてさぁ

離れてくような気がしたから 手をつないだ

君は夏の記憶を 誰と横切るの
今年も空が 花を咲かせる
階段を駆け上がる足音がすれば
最後の花火が上がる

通り過ぎてく時間に 名前は無いけど
呼び止めて 戻せたら いいのにね
人ごみの中をすっとすり抜ける風が
笑うように 長い髪揺らした

「それじゃね」の先は分からないよ
知らないままでいい

君は夏の記憶を 誰と横切るの
こんなに胸を 締めつけながら
ひとつひとつ 思いが 消えては開いて
見上げるふたりを 照らす

細く高く伸びてく 音が響いてる
このままずっと続けばいいね
寂しさも嬉しさも 思い出になれば
夜空に弾けて 浮かぶ

君は夏の記憶を 誰と横切るの
今年も空が 花を咲かせる
階段を駆け上がる足音がすれば
最後の花火が上がる


ミニ情報
「アッコにおまかせ!」8月度エンディングテーマ
アルバム「TANCOBUCHIN vol.3」収録曲
たんこぶちんの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
たんこぶちん「花火」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ