夏の横顔 - 土岐麻子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

土岐麻子
公式サイト
夏の横顔  ♪  土岐麻子
作詞 : 土岐麻子
作曲 : 川口大輔

ベランダの
向こう側
溶けてゆく
ビルの影
白く消えそうな 街あかり
ゆっくり夜が明ける

ひとりきり
飛び出した
日が射す部屋
思い出す
ふたりを探すの 胸のなか
寄り添ったふたりを

あの日
なにも分かってくれないと
責めたまま
愛を失くした
それきり二度と
戻らぬ日々は幻

ひとりきり
生きてると
あの頃は
思ってた
あなたのやさしさ 見えないまま
愛を求めていた
ごめんね

何度も
夢でおとずれる
遠いあの夏の朝
今度はきっと
見失わない
穏やかな日の
まぶしい
横顔

ひとりだと
見えてくる
あの日々は
そのままの
私でいられた いつだって
そばにいてくれてた

そしてあの日々の
木漏れ日に
いま支えられてる
ありがとう


ミニ情報
アルバム「Bittersweet」収録曲
土岐麻子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
夏の横顔/土岐麻子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ