アンセム ボールズ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

アンセム  ♪  ボールズ
作詞 : 山本剛義
作曲 : 山本剛義・阪口晋作

光の中 響く鐘の音が今も聞こえる
幻か現実か それすらわからなくても走れ

誰もいない真夜中のグラウンド 何もないから側に居てくれないか
浮き足立つ季節の終わりには 紫陽花の花一つだけここに咲いていたんだ

たった一人 こんな場所まで来たと
たった一人 大それたこと何も出来ないくせに

光の中 響く鐘の音が今も聞こえる
君の声が 聞きたくなる頃 目的も忘れるよ

君のいないこの部屋は伽藍堂 何もないけど側に居てくれないか
進みだしたこの街の時間に 追いつけないまま先を急いでたんだ

たった一人 こんな場所まで来たと
たった一人 大それたこと 何も 出来ないくせに

夕闇の中 響く僕の声 遮るものもない
虹の向こう 憎しみもいつか優しさに変わるだろう

光の中 響く鐘の音が今も聞こえる
幻か現実か それすらわからなくても走れ


ミニ情報
アルバム「SEASON」収録曲
ボールズの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ボールズ「アンセム」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ