赤いスニーカー 瀧川ありさ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

瀧川ありさ
公式サイト
赤いスニーカー  ♪  瀧川ありさ
作詞 : 瀧川ありさ
作曲 : 瀧川ありさ

17時交差点を曲がる
西日に背を向けながら
あの子が言っていた言葉を
思い出しペダルが重いよ

気付けば影は伸びていく
一本道遠くその先
まどろむ赤い半月が
問いかける君の耳に

「このままでいいのか?」
ほんの少しのきっかけ僕らは離れてく

赤いスニーカー履いた君は今すぐ
何かに気付いたように走り抜ける
西日に向かって叫ぶこの気持ちを
日に焼けた河川敷あの子に届け

さららと綺麗な歌声
防波堤寝そべるあの子
その声は潮風に透けてく
このまま消えてしまいそう

夕立ちが降り出す
立ち上がったあの子が振り向いたその時

赤いスニーカー履いた君はまさに
雨に濡れたあの子の元へ着いて
あの日からずっと言えなかった言葉
「僕の世界の真ん中に立っているのは君だ」
朝焼けのような笑顔に伝えた時君は泣いてた

真っ赤な朝焼け 真っ白い制服


瀧川ありさの新着歌詞を見る⇒
瀧川ありさの人気歌詞を見る⇒
瀧川ありさ「赤いスニーカー」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
この歌詞をスマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ