どんぐりと花の空 南壽あさ子 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

南壽あさ子
公式サイト
どんぐりと花の空  ♪  南壽あさ子
作詞 : 南壽あさ子
作曲 : 南壽あさ子

いつぞやの 山は碧くて
君は日の差す方へ 歩いては種を蒔いていた

毎日は 風に吹かれて
空は些細なことを わずらって明日へ流してゆく

春に憧れて 夢を語る君の姿に
いくつ会えるだろう
どうして 思うようには 人をだいじにできないの

ある朝の 旅路の途中
霞む山吹色に からっぽの雨が降る

夢を忘れたら きみをいっしょにわすれていって
ひとつ覚えたら
こうしていたことも また同じように
なくなってしまう

ひとすじの道のむこうに
君が最後にくれた 花びらのわすれもの

ぼくはいかなくちゃ
君に近付く そのためだけに
君が笑うように
ほら 手を伸ばして
こころの花に 夢をのせ唄う


ミニ情報
「a-ha-N」エンディングテーマ
「ハピはぴモーニング〜ハピモ〜」3月度エンディングテーマ
アルバム「Panorama」収録曲
南壽あさ子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
南壽あさ子「どんぐりと花の空」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ