ホタル - シクラメンの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

シクラメン
公式サイト
ホタル  ♪  シクラメン
作詞 : DEppa
作曲 : DEppa・電球

「また会いに来てよ」って
目を覚ました時に
小さく呟いてしまうような
そんな夢を見た

月明かり照らす薄暗い部屋
ひとつも物音しないから
ほんの数秒 天井を見つめ
また眠りに就いたんだ
「夢の中なら もしかすると
もう一度 会えるかもしれない」
淡い期待を抱いて祈る
想いよ 届いてほしい

夏の夜 ホタルが光を放つ
マボロシのように そっと
優しく奏でる鈴虫の音が
僕らを繋いでくれる

瞳を閉じて 闇を彷徨って
手探りであなたのもとへ
会えるならば夢の果て
向かうよ どこだって
触れる事はできなくたって
話す事 できなくたって
会いに来てくれるなら
道標 星で作るよ

夏の夜 ホタルが光を放つ
マボロシのように そっと
優しく奏でる鈴虫の音が
僕らを繋いでくれる

遠く遠く離れて
空の向こうへと飛んでいく
目には見えないけど心はそばにある
そう信じてる

様々な形で愛を
受け、伝えて、重なっていく
度重なる失望からも
人は希望を見い出していく
大切な思い出たちは
積み重なって いつの日か
支えとなり花を咲かす
すべてが自分の一部となる

たとえ瞬く間に消えてしまう
夢物語でも

時よ止まれと願ってしまう
あと少しでいいから

夏の夜 ホタルが光を放つ
マボロシのように そっと
優しく奏でる鈴虫の音が
僕らを繋いでくれる zz


ミニ情報
アルバム「こんにちは羽田」収録曲
シクラメンの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ホタル/シクラメンの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ