日本一じゃ惚れてみろ 鏡五郎 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

鏡五郎
公式サイト
日本一じゃ惚れてみろ  ♪  鏡五郎
作詞 : もず唱平
作曲 : 船村徹

銭が仇というたかて
無いもん取れんぞ そやないか
逆さにしたかて鼻血も出ない
スッテンテンの空っ穴(からっけつ)
天井知らずの甲斐性なし
日本一じゃ 惚れてみろ

「安治川の渡しは只やけど三途の川は六文いる。 何とか只にならんかいな。
身軽うして行きたいもんや。 閻魔さんに掛け合わなあかんと
うちの親父がよう云うとった。」

我がと我が身に鞭(むち)打って
地べたを這(ほ)うても 起き上がる
とことんやる気の姿をみたら
女(おなご)はみんな靡(なび)くやろ
見上げたもんやで 我ながら
日本一じゃ 惚れてみろ

「天満の天神さんの気持ちが分かる。 後からじんわり値打が出てくるお人や。
そう云や、坂田三吉はんも一緒とちゃうか?浪花の地には後から偉うなる人が
出ると うちのお母はんがよう云うとったわ。」

お先まっ暗 夢がない
希望が持てんと阿呆いうな
闇夜(やみよ)でありゃこそ見上げる空に
幾千万の星が出る
とことん我慢の堪え性(こらえしょう)
日本一じゃ 惚れてみろ


鏡五郎の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
鏡五郎「日本一じゃ惚れてみろ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ