ふたり綾とり - 織田かおりの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

織田かおり
公式サイト
ふたり綾とり  ♪  織田かおり
作詞 : 日山尚
作曲 : myu

真昼の空に浮かぶ雲が
薫る風にたなびく
歩き慣れたはずの道の途中
知らない花を見つけるたび
想うのは君のこと
指先から滲む優しい熱

伝えたい言の葉ごと
新しい季節へと移りゆけば

君のそばで色づいた
小さな蕾は もう隠せなくて
夢うつつに薄紅の恋をする
ふたりだけの甘い綾とり

眠れぬ夜を照らす月に
誘われて仰ぎみた
眩ゆすぎる光 浴びたままで
逢えない時間(とき)が愛をつくる
呟いた君の名が
心に空いた隙間(あな)埋めるように

募る想いの花片(かけら)は
新しい景色まで見せてくれた

君の姿 追いかける
愛しい証は この胸の痛み
夢のなかで触(さわ)れない恋をして
忍ぶだけの遠い綾とり

君がくれた微笑みで
はじまる何かを ああ 知りたいから
夢うつつに瞳(め)を閉じて
耳元で語りかける
鮮やかな紅(あか)に色づいた
小さな蕾が今 花をひらくように
夢が覚めて本当の恋をした
ふたりだけの甘い綾とり


ミニ情報
PS Vita用ゲームソフト「忍び、恋うつつ ― 雪月花恋絵巻 ―」オープニングテーマ
「アニメマシテ」6月度エンディングテーマ
織田かおりの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
ふたり綾とり/織田かおりの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ