朝顔 LACCO TOWER 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

LACCO TOWER
公式サイト
朝顔  ♪  LACCO TOWER
作詞 : 松川ケイスケ
作曲 : LACCO TOWER

「あなたは私をどれほど好きかしら?
私はあなたをこれほど好きだから」

「僕ならとっくにあなたを真ん中に
小さな世界を頭に描いてる」

「それなら何にも怖くなんかないわね」
「そうだね大丈夫 遠くで暮らしても」

繋ぐ言葉は雨に変わって
泣いた笑顔を濡らしてた

さようならの言葉は ちぎって空に投げた
「嬉しい」と言う頬に ひらひら ひらひら
いつもよりも傍に 寄り添って歩き出して
つなぐ手と手の中 全てがあると思ってた

何回も何十回も 二人は夜を数えて
回る秒針両手で 必死にしがみついた

何十も何百回も 二人はすれ違って
追いかけあった背中に 必死にしがみついた

「仕方ないわね」
「仕方ないよね」
笑う泣き顔 うつむきあって

琥珀の月の先 ぽたりと落ちた涙
「悲しい」と言う頬に きらきら きらきら
四角い枠の中 言葉だけが寄り添って
抱き締めたらそれで なんとかなると思ってた

「私はあなたを どれほど好きなのかしら?
あなたを想う程に こんなに苦しい」
「僕はあなたの事 どれほど傷つけたの?
あなたを想う程に こんなに切ない」

さようならの言葉は 抱き合って隠し合った
夜明けの来ない胸に 涙が降り注いでた


ミニ情報
アルバム「非幸福論」収録曲
LACCO TOWERの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
LACCO TOWER「朝顔」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ