新しい風 - 木村竜蔵の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

木村竜蔵
公式サイト
新しい風  ♪  木村竜蔵
作詞 : 木村竜蔵
作曲 : 木村竜蔵

鈍色の空に切間が
森の木々が目を醒ます
もう一度旅に出てみようか
僕を取り戻す旅に

錆びた車輪はぎこちなく
ギシギシと痛むけど
ペダル踏む度
胸の奥新しい風が吹く

なびかせた夢が木洩れ陽を浴びて
いつかのように輝いてる
息を切らしながら登る坂道の
向こう側で憧れが手招きする

届かないモノに手を伸ばすのを
やめたのはいつからだろう
別にそれも悪くはないんだよ
誰もが強いわけじゃない

痛みも知らない男が
守れるものってなに?
言い訳並べて
見送った過去はもう戻らない

忘れてた夢に跳ね上がる鼓動
いつかのように溢れそうで
汗を飛ばしながら下る坂道の
途中でほら追い越したあの日の僕

なびかせた夢が木洩れ陽を浴びて
いつかよりも輝いてる
誰も見たことない景色を探すよ
揺らめいてる未来へと続く道を


ミニ情報
アルバム「碧の時代」収録曲
木村竜蔵の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
新しい風/木村竜蔵の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ