ドラマ A.B.C-Z(戸塚祥太) 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ドラマ  ♪  A.B.C-Z(戸塚祥太)
作詞 : 戸塚祥太
作曲 : AKNIG

「どうせ僕 なんてまぁ」
ハート凍っていて
眼差しは鈍ってる
ウソのような今日
みっともないスピードで
ただ漂っているよ

それでもさ 握ってる
紙切れだけを
記された 熱を見て
思い出せるかい

めいっぱい 膨らませ
夢希望 憧れを 幾重にも 詰め込んだ
風船を

空に向け
放してく 放してく
集めた瞬きを
散らしてく 散らしてく
知ってた 方角へ
純粋なブルーが
まっすぐに君へ
届いたら
届いたら

作り物 事実無根
知ったことか
受け取ったバトン一つ
握りしめただけ

沈む陽か 昇る陽か
目にしたら 分かるから
さよならは 言わないで 待っていて

だからこそ
燃やしてく 燃やしてく
それしかないからさ
もがいてく もがいてく
転んで立ち上がれ

消えていく星の
流線を君も
見ていたら
見ていたら

恥ずかしいほどに助走をとったら
もう今が さあ今が来ている

磔にしてた 好きの炎
身にまとい 戦うよ

「どうせ僕なんてまあ」
もう言えない 星の
眩さが
照らすから

空に向け
放してく 放してく
集めた瞬きを
散らしてく 散らしてく
知ってた 方角へ
純粋なブルーが
まっすぐに君へ
届いたら
届いたら


ミニ情報
アルバム「A.B.Sea Market」収録曲
A.B.C-Z(戸塚祥太)の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
A.B.C-Z(戸塚祥太)「ドラマ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ