JK - DAOKOの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

JK-DAOKO
JK  ♪  DAOKO
作詞 : DAOKO
作曲 : 國本怜・DAOKO

あさ
かじかむ指先
にぎるハンドル
スカートの中を
通り抜ける空気

重たい瞼をあけて
明け方の街走る女子高生
冷えきったサドルが
発育途中の身体震わせるの

顔や身体
骨の形
足のはやさ
あたまのよさ

なにからなにまで
違うもの同士 こうして
同じ衣装身にまとって
同じ箱の中で
整列した机・椅子に座り
なにか学んでいる
なにかを学んで
気づけたものが勝者
その他敗者
毎朝同じ同じルート・ループ
ぐるぐる回ってんの
気づいちゃったわたしは
校則からの拘束
遠のく王国から
逃げ出すように
歯向かってる自分勝手

明日はだって来ちゃうでしょう?
逃げ出すように
春に向かってる

春はなんで来ないんだろう?
私の制服は桜と共に散る

重たい瞼をあけて
夕方の街走る女子高生
冷えきったサドルが
発育途中の身体突き刺すの


ミニ情報
アルバム「DAOKO」収録曲
DAOKOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
もしも僕らがGAMEの主役で
ダイスキ with TeddyLoid
BANG!
FASHION
水星
かけてあげる
一番星
ゆめうつつ
流星都市
ぼく
JK/DAOKOの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ