ないものねだり DAOKO 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

ないものねだり  ♪  DAOKO
作詞 : DAOKO
作曲 : Mili・DAOKO

迷い込んだ森の中で
踊るのはワルツ
軽く弾むリズム
沈む雫にプリズム
出ル国 落つる国
とっくに記憶の奥に
潜り 黙示 遠くに
オンリー/ロンリー

気づかない
いつから 自ら
傷だらけな身体は逆さま
雨曝し糸切れたひときれ

迷子のオトナたちが
子供になりたがっている
迷子の子供たちが
オトナになりたがっている

存在意義
きみに問おう
どう? 想う の
音 鼓動 もどろう
元のところ 心の此処のとこ

「魂は あたらしいお話を聴きたがってるよ
かなしいもくるしいも
抱きしめて愛にして 会いにいこう
最後のお話はだれもしらないから
大地 空 雲 海 すべて司る魂よ」

迷子のオトナたちが
子供になりたがっている
迷子の子供たちが
オトナになりたがっている

ないものねだりなのは ないものばかりだから
愛想つかさないでよ

ないものねだりなのは ないものばかりだから
最後のメロディ浮かんだ
口ずさむのはやめた

きらめいてみえた
鏡の中のだれかさんがみてたわたし
近づいてみたら
鏡の中のだれかさんとぶつかったよ

迷子のオトナたちが
子供になりたがっている
迷子の子供たちが
オトナになりたがっている


ミニ情報
アルバム「DAOKO」収録曲
DAOKOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
DAOKO「ないものねだり」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ