特別な朝 - cinema staffの歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

cinema staff
公式サイト
特別な朝  ♪  cinema staff
作詞 : 三島想平
作曲 : cinema staff

あなたはハイウェイと夜を愛していた。
私は特別な朝を1人で待っている。

揺れ続ける雨戸、冷めたシチューの鍋。
喜劇はともすれば悲劇に変わると分かっていた。

闇の隙間から次の季節が覗いて、
手を伸ばせばもう、光はすぐ側にきていたのに。

息が白くなっても、退屈に過ごしても、あなたが居なくなっても。
世界は大して変わらない。

滲んだ未来が次の季節を隠した。
道理で坂道が長いなって思っていたんだ。

あなたはハイウェイと夜を愛していた。
私は特別な朝を1人で待っている。

闇の隙間から次の季節が覗いて、
手を伸ばせばもう、光はすぐ側にあった。
あなたが居なくても大して世界は変わらない。


ミニ情報
アルバム「blueprint」収録曲
cinema staffの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
特別な朝/cinema staffの歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ