たまゆらの花 - 神野美伽の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 神野美伽
公式サイト
たまゆらの花  ♪  神野美伽
作詞 : 松井五郎
作曲 : 後藤次利

月を鏡に 洗う黒髪
風の手がさらう
逢える逢えない ひとり占い
肌の跡にすがる
愛しさと憎しみは
この胸で いつも紙一重
抱いてみますか たまゆらに
色もつかない 花を咲かせて
好いたひとなら 耐えましょう
どうせ 淡い夢ならば

嘘を数えて 噛んだ指です
約束はしない
深く残った 傷もいつかは
懐かしくて嗤(わら)う
戀(こい)しさと淋しさは
ひとしきり 同じ衣(きぬ)を織る
抱いてみますか たまゆらに
春も知らない 花を咲かせて
涙はどこへ 捨てましょう
どうせ 淡い夢だもの

抱いてみますか たまゆらに
色もつかない 花を咲かせて
好いたひとなら 耐えましょう
どうせ 淡い夢ならば


神野美伽の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
石狩哀歌
石狩挽歌(スタジオライブバージョン)
風岬
北港
赤とんぼ
おんなの波止場
惚れた男で女はかわる
黒髪
喜びましょう
桜みち
たまゆらの花/神野美伽の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ