千年恋歌 - ELEKITER ROUND 0の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

千年恋歌  ♪  ELEKITER ROUND 0
作詞 : 立花慎之介
作曲 : 西岡和哉

陽だまりに消えてく 濡れた恋歌

辿り着いたこの街 鮮やかな空も狭く
すれ違う人の波 冷たさに身を震わせ

砕けた心 ガラスに映る
流した涙 陽炎に沈み消えてく

風に揺れるきみの髪 千の桜舞い上がり惑う
振り向くきみを抱きしめてた
何故だろう 温かい 体温だけ 嗚呼…
きみの顔 まぼろし露と

願いさえも忘れて 流れる星だけ見つめ
掠れた歌声だけ 寂しさを薄めてゆく

生まれた記憶 彼方に霞む
震える声も 届かずに闇に紛れて

花に触れるきみの手に 淡く指と心を絡めて
微笑むきみと口づけてた
何故だろう 優しさと 愛しさだけ 嗚呼…
きみの名が かき消されてく

ガラスの玉 弾け壊れ
偽りの空を忘れたとしても
きみといた あの日を僕は忘れない

Ah!!
きみの丸い歌声に 僕も柔らかく歌を添えて
二つの心奏でながら
歌声が からみあい とけてゆく あぁ
刻を越え 僕らひとつに


ミニ情報
PCゲーム「Re:BIRTHDAY SONG〜恋を唄う死神〜」オープニングテーマ
アルバム「RE:QUIEM」収録曲
ELEKITER ROUND 0の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
千年恋歌/ELEKITER ROUND 0の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ