港ひとり - 石原詢子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

港ひとり-石原詢子
Jword 石原詢子
公式サイト
港ひとり  ♪  石原詢子
作詞 : 下地亜記子
作曲 : 四方章人

港坂道 カラコロと
下駄を鳴らして 桟橋へ
春だというのに 吐息が凍る
あなた恋しい 日暮れ前
港ひとり 逢いたくて…逢いたくて
やるせないよな 波の音

恨むことなど できません
今もこんなに 好きだから
積木細工の 倖せだって
そばに居れたら 良かったの
港ひとり 逢いたくて…逢いたくて
あなた偲んで 潮風(かぜ)が泣く

空と海とを 染めながら
未練夕陽が 燃えあがる
いのち捧げて 尽くしたかった
女心が 見えますか
港ひとり 逢いたくて…逢いたくて
今日も待ってる 女です


石原詢子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
女の花舞台
春航路
おんな雨
さよなら酒
よりそい草
しあわせの花
逢いたい、今すぐあなたに…。
ひとり日本海
風よ吹け
寿 契り酒
港ひとり/石原詢子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ