ひえつき望郷歌 - 岡ゆう子の歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

歌詞ナビTOPページ 歌詞ランキング 歌詞検索 歌詞ナビのご利用にあたって

Jword 岡ゆう子
公式サイト
ひえつき望郷歌  ♪  岡ゆう子
作詞 : 仁井谷俊也
作曲 : 岡千秋

盆に帰ろか それとも暮れか
それも出来ずに 幾年(いくとせ)過ぎた
山に朝霧 椎葉(しいば)の里よ
峠の古い あの生家(いえ)に
今も住んでる 母ひとり

呼べば谷間に こだまが返り
日暮れせまれば 夕げの煙り
夢にでるのは 幼い頃よ
親孝行の 真似事に
せめて手紙の ひとつでも

焼酎(おさけ)入れば 自慢の声で
父の歌った 十八番(おはこ)の唄が
今も聞こえる ひえつき節よ
瞼に抱いた 故郷(ふるさと)が
生きる明日(あした)の 支えです


岡ゆう子の新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
玄海おんな船
しぐれ酒
女の春
人生ふたり咲き
千鳥ヶ岬
命果てるまで
隣の芝生
羽越本線
霧積の宿
夢酒場
ひえつき望郷歌/岡ゆう子の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ