CAGE 真空ホロウ 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

CAGE  ♪  真空ホロウ
作詞 : 松本明人
作曲 : 真空ホロウ

酷く晴れた朝の 虹の架かる空が
あの日のことなど 消し去ってしまうから
僕は羽根を毟り 痛み目覚めさせて
曇り空の夢に 今日も眠るのさ

乱反射する水溜りの中で
蠢いている泣き虫は 僕の亡骸

絡み付いて しがみついて
辿り着いて 跪いても
まだ 其処に生きている
絡み付いて しがみついて
辿り着いて 跪いて
過去をずっと離さないで
今を泣いていたい

深く瞼の裏 刻み込まれた過去
あの日僕はまだ 何も知らなかった
僕の羽根はまさに 今にも飛べそうだって
昔からの夢に 脳も麻痺していた

絡み付いて しがみついて
辿り着いて 跪いてきた
からこそ 生きていられる
絡み付いて しがみついて
辿り着いて 跪いた
過去をずっと離さないで
今を抱いていたい

例えば 僕が此処を出る時
羽根なんてモノは 別になくったっていい
だからこそ僕は 僕だけの姿で fly その時まで
絡み付いて しがみついて
辿り着いて 跪いてきた
今 此処に生きている
絡み付いて しがみついて
辿り着いて 跪いた
過去をずっと離さぬように
今を鳴いているのさ


ミニ情報
アルバム「真空ホロウ」収録曲
真空ホロウの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
真空ホロウ「CAGE」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ