昼夜逆転 SHISHAMO 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

SHISHAMO
公式サイト
昼夜逆転  ♪  SHISHAMO
作詞 : 宮崎朝子
作曲 : 宮崎朝子

また空が白くなる 今日も曇りなのかな
晴れの日の夜明けの芸術は今日も見れない
こんな風に私はもうまるで昼夜逆転
朝日が昇るのを待った後 夕方まで寝てる

夜中はいつも一人ぼっちだ
そんな私が考えてることはいつも同じで

君はちゃんと眠れているのかな
私みたいにこんなぐだぐだと
布団の中で泣いていないかな
考えすぎてまた眠れなくなる

久々の休み 私は布団の中
昨日の疲れ言いわけにして 宝の持ち腐れ

少しは私大人になった
だけど夜中になると不意にあの頃の私が

君はちゃんと笑っているのかな
ぐるぐるまわる忙しい日々に
追い詰められて忘れてないかな
私の好きな君の笑い方を

私ってば本当うそつきだよなあ
眠れない夜あなたも眠れないでいるのなら
本当はそれが一番ほっとするの

君は全部忘れてしまったの
私の顔も私の名前も
すべて忘れてあなたは毎晩
11時には寝てるの?

ほらね私は今日も君のこと
忘れられそうもなくただひとり
朝日が昇るのを待った後に
夕方まで寝て過ごす一日だよ


ミニ情報
アルバム「SHISHAMO 2」収録曲
SHISHAMOの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
SHISHAMO「昼夜逆転」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ