涙のカウンター 北山たけし 歌詞

歌詞検索「歌詞ナビ」

TOPページ ランキング 検索 ご利用にあたって

北山たけし
公式サイト
涙のカウンター  ♪  北山たけし
作詞 : 喜多條忠
作曲 : 平尾昌晃

こころに雨の 降る夜は
街のあかりも 泣きべそあかり
港ホテルの カウンター
あの娘(こ)の席には 想い出だけが
さびしい背中で 座っているよ
もいちど(もいちど)もいちど(もいちど)
もいちど 逢いたいよ

わがまま言って 困らせた
それも愛だと 思っていたよ
昔なじみの マスターは
無口で変わらぬ 微笑みだけを
いつものお酒に 浮かべてくれる
バカだよ(バカだよ)バカだよ(バカだよ)
あの娘(こ)は 戻らない

なくしたあとで わかるもの
それは幸せ くやしいけれど
ふたり出会った カウンター
あの娘(こ)が最後に こぼした涙
今でもまぶたに 浮かんで消える
さよなら(さよなら)さよなら(さよなら)
グラスに 揺れる夜


北山たけしの新着歌詞 この歌手の歌詞一覧
北山たけし「涙のカウンター」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。
歌詞ナビ スマートフォン版で見る⇒

TOPページ新着歌詞歌詞検索ランキングリアルタイムランキング最新アルバム情報ご利用にあたって
(C)歌詞ナビ